2018年12月3日月曜日

そもそも区議会って?「葛飾区議会こどものためのページ」を読む


葛飾区議会のホームページに、子供にもわかるように区議会を解説したページがあります。
ちょっとこれ読んでみて!
子供向けなので、ひらがな多用しています。

葛飾区議会とは

かつしかくに住んでいる区民くみんが、身近みぢかな問題もんだいを自分じぶんたちの力で解決かいけつすることを、地方自治ちほうじちと呼んでいます。 しかし、46万人の区民全員くみんぜんいんが集まって、『住み続けたいすみつづけたい』『働き続けたいはたらきつづけたい』まちにするための話し合いを行うことはできません。 そこで、区民の中から代表の人たちを選んで話し合いをしてもらいます。 この代表だいひょうで選ばれた人たちを葛飾区議会議員かつしかくぎかいぎいんといい、葛飾区議会議員の集まりが葛飾区議会かつしかくぎかいです。

区議会くぎかいの役割

区議会を設置することは、憲法けんぽうで決められています。
区議会の役割は、区民に代わって、みなさんの要望ようぼうや意見をくみとり、区の行政ぎょうせい(区政くせい)に反映はんえいさせていくことです。

■みんなの代表・区議会議員は何人いるの?

区議会議員は、4年ごとの選挙により、区内に住んでいる25歳以上の選挙権せんきょけんのある人の中から、「選挙せんきょ」で選ばれます。人数は、条例じょうれい(区のきまり)で決められていて、現在は40人となっています。

■議長と副議長の仕事を教えて。

区議会議員の中から、一人づつ選挙で選ばれます。 議長は、議場ぎじょうでの話し合いの司会進行役しかいしんこうやくをします。また、区民の皆さんからの請願・陳情せいがん・ちんじょう(お願いのお手紙)を受け取ったりするなど、区議会の代表としての仕事をしています。副議長は、議長がいない時(病気や出張びょうきやしゅっちょうなど)に、議長に代わり仕事をします。

■どんな会議があるのかな?

毎年必ず4回開かれる会議があり、これを「定例会ていれいかい」といいます。葛飾区では、2月・6月・9月・11月に開かれます。定例会以外に、特に必要があるときには、 「臨時会」が開かれます。

■「本会議」と委員会、どんなことをするの?

区議会議員全員が議場に集まって会議をするのが本会議で、区の重要なことは全てこの本会議で決定します。 しかし、区議会で取り扱う問題は数が多く、内容も幅広い分野にわたっているため、本会議だけでは時間が足りません。
そこで本会議とは別に詳しく話し合いをする会議を設置しています。これが委員会です。
委員会には、「常任委員会」じょうにんいいんかい( 総務そうむ、 保健福祉ほけんふくし、 建設環境けんせつかんきょう、 文教ぶんきょう)、議会運営委員会ぎかいうんえいいいんかい、 特別委員会とくべついいんかいがあります。

たくさんあります ―区議会の仕事―

■条例じょうれい(区のきまり)を決めたり廃止はいしすることを決めたりしています。

■区が仕事をするための予算よさんを決めたり、そのお金が正しくつかわれているかどうかを調べます。

■区の仕事が正しく行われているかどうかを調べます。

■国や東京都に「こうして欲しい」という意見も出すことも、大切な仕事の一つです。

■教育委員・監査委員きょういくいいん・かんさいいんなどを区長が決めるときに同意どういします。

区議会で決まったことは ―区長の仕事―

区議会で決まった、区の仕事を実行していくのが、区長くちょうです。区長も、区民の皆さんから選ばれた代表です。区長は、区議会に相談しながら、お互いに協力して、区民が暮らしやすい町となるよう、区の仕事をします。

2018年12月2日日曜日

区議会ってなにしているの?


先日、ある区議さんが「区議会で質問してほしいことをSNSで募集したが集まらなかった」という書き込みをなさっていました。

生活をしていく中で不満に思っていること、改善してほしいと思っていることは、みなさ
ん持っているのではないでしょうか?区議会とは区民の生活に密着した場所で、そこで質
問したら改善されることも少なくないはずです。

しかし、議員さんに質問が集まらない。
それは大前提として「区議会ってなにしているのかわからない」ということがあるのでは
ないでしょうか。

センキョ割の活動は「街のお店の活性化」とともに「若者を中心とした投票率アップ」が
あります。投票率を上げるにも、区議立候補者がなにをしてきたか?がわからないと投票
できませんよね。

これからもセンキョ割では区議会の動向をブログに書いていきたいと思います。

2018年11月22日木曜日

作戦会議Vol.8(金町) 議事録



センキョ割@葛飾の月例ミーティング「作戦会議」。

第8回目の今回は、金町地区センターでした。

2018年も終わりに近づき、来年夏予定の「第25回参議院議員選挙」も、ちゃくちゃくと近づいています。

今回の作戦会議議事録はこちら。



  • 近況報告

    • 21日、区役所商工振興課訪問:商店街へセンキョ割を知らせるべく、振興課長に資料を説明。商店街連合会と連絡を取るようアドバイスをいただきました。
    • ちょうど22日まで、リカバルが実施されていました。リカバルとは「理科大生と金町の飲食店をつなぐバルチケット方式のイベント」です。理科大生協で3枚2,000円のバルチケットを購入し、金町駅周辺の飲食店でオトクに使えるというもの。町おこしイベントとしてはセンキョ割に似た面もあり、注目しています。
    • 主権者教育「笑える!政治教育ショー」の実施を南葛飾高校で準備中。

  • センキョ割飲み会

    • 地区センターを借りての会議形式も大事なのですが、ざっくばらんな飲み会形式での作戦会議もいいのではないかと考えています。お店を使うことで、センキョ割に参加してもらえる可能性が高まることも期待しつつ。
    • 2019年1月からやってみます。

  • 来年の動きをざっくりと

    • 2019年03月 店舗参加募集開始
    • 2019年05月 店舗参加募集締切
    • 2019年06月 チラシ、拡散資料作成→拡散
    • 2019年07月 参議院議員選挙

  • その他

    • 次回予定選挙は国政選挙なので葛飾区エリアにこだわらない方法もあるが、手伝ってもらえるスタッフの数や物理的に動ける範囲に限界もあり、参議院議員選挙も葛飾区エリア中心に活動を行う
    • 金町水元地区は、前回参加店舗が多くありませんでした。次回に向けて重点的に募集していきたいと考えています。金町地区の店舗の皆さん、よろしくおねがいします。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。
お忙しい中、興味を持っていただき感謝しております。


2018年11月21日水曜日

商店街に広めたい!葛飾区商工振興課に行ってきたよ


来年に向けて、センキョ割拡散の鍵となる区役所の部署や人にできるだけお会いしたいと考えています。

今日は、葛飾区商工振興課におじゃましました。

この部署は、町工場などの活動支援などを行っていますが、商業の部分でも東京商工会議所や商店街と繋がりの深い部署です。

本日は、昨年のセンキョ割活動の説明や、今後に向けた活動予定などを紹介させていただきました。

2018年11月15日木曜日

[かつしか区議会だよりを読む] どう思う?地方議会議員に厚生年金を!?


みなさーん

かつしか区議会だより、読んでますか?

先日の「広報かつしか」と一緒にポストに入っていたと思います。

皆さんの税金がどんなふうに使われるのか?それが決まるのが議会です。

せっかくポストにまで来ている報告書ですので、今後読んでいくことにしましょう。

さて今回は

[意見書]地方議会の厚生年金への加入を認める意見書

について見てみましょう。

これはシンプルに言えば、「地方議員も厚生年金に入っていいんじゃないの」というものです。

地方議員は現在、国民年金のみに加入しています。もう7年近く前に「議員特権」と批判され、厚生年金、共済年金は民主党政権時代に廃止されています。

しかし最近は、仕事としての議員に人気がないようで、また落選すると無職になってしまうこともあることから、年金の復活を求めることが増えています。
ただでさえ年金は財源が足りなくて、われわれ区民のなかにも不満があるのに、議員さんも年金もらうの?
という人もいるでしょう。
議員の報酬は給与じゃないから税率高いんだよね。立候補者も多くないし、年金があればサラリーマンの立候補者も増えるはず!
と考える人もいるでしょう。

どう思います?

ちなみにこの意見書に
賛成したのは
自由民主党議員団、葛飾区議会公明党、きょうづか理香子さん、鈴木信行さん、つたえりなさん、むらつ勝康さん

反対したのは
かつしか区民連合、日本共産党葛飾区議会議員団、かがやけKatsushika維新、みずま雪絵さん

でした。

みなさんはどう思う?