2018年8月14日火曜日

ドラッカーの『非営利組織の経営』を読んで

先日、ドラッカーの『非営利組織の経営』を読みました。ドラッカーといえば、経営学者として有名な方ですが、非営利団体についても経営の本質を説いていました。
ドラッカーについてはこちら 
ドラッカーが大切にしていることは「ミッション」です。
その組織が、営利であれ非営利であれ、なんのために存在しているのか、それをシンプルな言葉で言い表せなければならないとしています。
その「ミッション」を達成するために具体的な「目標」を設定する。そして「目標」を設定するためにマーケットをリサーチし、計画を策定する。そして、効果(結果)の測定を行なうのも重要です。
営利団体であれば利益ですが、非営利団体にとって効果は見えにくいものです。
しかし、次の目標設定のためにも効果測定はしっかりやる必要があります。これらは、マーケティングの基礎的なことですが、非営利団体にもそのまま適用できるとしていました。
センキョ割@葛飾でも、しっかりとドラッカーを言葉を活動に落とし込んで行きたいと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿