2018年6月30日土曜日

男性の育休取得促進に期待!


普通に有給休暇を取るように、育児休暇を取れる社会でありたいですね。



2018年6月28日木曜日

東京都内の待機児童数が昨年に比べて3100名減少して、5500名を下回る見込み

将来の財産である子供たちや若者に、より多くの予算が充てがわれる国であってほしいですね。







2018年6月27日水曜日

昨日は大森ゆきこ区議の区政報告会で[センキョ割@葛飾]の紹介





昨日はウィメンズパルで行われた大森有希子区政報告会でセンキョ割葛飾の報告をさせていただきました。
区外からも多く参席いただき、センキョ割にも高い関心を持っていただきました。
センキョ割、広がっていくといいなー





2018年6月25日月曜日

江東区でも『笑える!政治教育ショー』進行役は猫ひろし!


葛飾区でも実施しました『笑える!政治教育ショー』

6月10日に、江東区でも実施です!

日時:2018年06月10日17時〜18時30分

場所:豊洲シビックッセンター


会費:3,000円

お申込みはこちらから!


2018年6月24日日曜日

政策企画課に行ってきたよ!


昨日、葛飾区役所の政策企画課に行ってきました。

葛飾区には「葛飾みんなの協働サイト」というホームページがあります。
区内で地域貢献活動している自治町会や区民活動団体、NPO、事業者等が情報発信会員として団体登録し、団体自らが活動内容やイベント、ボランティア募集などの情報をタイムリーに紹介し、区からは活動団体への助成制度や協働事例などの情報を集約して発信するものです。自らのホームページをお持ちでない団体でも本サイトを通じて広く情報発信をすることが可能となります。これにより、区民の協働意識を高めるとともに、ボランティアに参加したい区民とボランティアを募集する活動団体とのマッチングや、活動団体者間との情報交流などの機会を提供するなど、協働を推し進める環境づくりをさらに推進していきます
センキョ割@葛飾のスタンスとして、選挙管理委員会をはじめとして行政と二人三脚に活動していきたいのです。

その意味でも、このサイトでいろいろ発信できたり、区から情報を得られたらいいなぁと思っています。


2018年6月23日土曜日

芸人さんが観客の年齢層に合わせて演じるように、政治家は投票してくれる人に合わせた政策を優先する

5月26日は、センキョ割実施委員会主催のイベント『笑える!政治教育ショー』が行われました。

葛飾区では2017年の区議区長選挙で[センキョ割@葛飾]イベントが実施されて以来、主権者教育を継続して実施してく団体ができあがってきており、今回はセンキョ割実施委員会の主催イベントを実施しました。


会場は、お花茶屋の「あるふぁサポート」さん。

葛飾でのイベントがはじめてだったこともあり、コンパクトな会場で『笑える!政治教育ショー』を皆さんに知っていただくイベントとなりました。


笑える!政治教育ショーって?

そもそもこのショーってご存知でしたか?




『笑える!政治教育ショー』は、女性のピン芸人たかまつななさんが開発した主権者教育コンテンツ。

投票率って、18歳〜30代がとっても低い。

それに比べて60代以上はほんとに高い。

このままじゃ若者の意見が政治に反映されない!

そんな危機感を解決するコンテンツが『笑える!政治教育ショー』です。


[センキョ割@葛飾]では、このコンテツを区内各地で実施したいと考えています。

今回はその第一弾!というわけです。





今回このショーを進行してくれるのは、







中井貴一のモノマネで人気のきくりんさん



THE MANZAI決勝進出漫才コンビのエルシャラカーニ

この三人が『笑える!政治教育ショー』を1時間半、全力で進行してくれました。


『笑える!政治教育ショー』を見ていくうちに、選挙って大事なんだなぁ、投票に行かないとその世代は気にしてもらえないんだなぁ、というのが実感できます。

これからも、若年層を中心にこういうイベントを進めて行きたいですね!



2018年6月21日木曜日

2018年6月20日水曜日

目標達成シート(曼荼羅)を使った「作戦会議」毎月実施中!



次回選挙で「150店舗の参加、10,000枚の投票済証発行」を目指す[センキョ割@葛飾]。

どうやったら実現できる?
多くの人に知ってもらうには?
いまなにができる?
行政との連携は?

そんな話題を話し合う「作戦会議」を毎月一度、区内各地の地区センターなどで開催しています。

今回は、亀有地区センター。

この会議では毎回、『[センキョ割@葛飾]曼荼羅』を使って話し合っています。

これは、「最終目標は何か?それを達成するための課題を8つ抽出し、その8つの課題ひとつづつの達成のためのアクションをまた8つづつ抽出する」というものです。

つまり最終目標達成のためのアクションを64個書き出すものです。

実際には64個も書き出せてないのですけどね。

8つの課題とは、

  • [センキョ割@葛飾]割知名度を上げる
  • 参加店舗を増やす
  • 選挙管理委員会の協力を取り付ける
  • 協力者を増やす
  • 投票率を上げる
  • [センキョ割@葛飾]の信用を増す
  • 若者の参加を増やす
  • 店舗への利用者増やす
みなさん、いいアイディアありませんか?
次回6月23日は金町地区センター。お気軽にいらしてください。
詳しくはこちら
https://www.facebook.com/senkyowarikatsushikaku/

友だち追加



2018年6月19日火曜日

2018年6月6日水曜日

[センキョ割@葛飾]もひとつづつ、レンガを積むように

Twitter界隈で、南海キャンディーズのやまちゃんのツイートが話題になっていました。


迷ったら一歩前へ!

そういうことですね。

[センキョ割@葛飾]もレンガを積んでいくように、ひとつづつ進んでいこう!


2018年6月4日月曜日

フードリレー

食べ物の廃棄については、皆さん最近動き始めていますね。

葛飾でもフードロスに取り組んでみたいですね。



2018年6月3日日曜日

メルマガ第10号発刊しました!

a2adcb8f570a0bd27cfa10065a05c7d1_ce319bd462c9606

はやいもので、毎週末に発行しているメルマガ、今週で第10号となりました。

「センキョ割@葛飾」のイマをお届けします!

http://senkyowari-k.jp/mailmagazine.html


2018年6月1日金曜日

かこさとし・しゃかいの本 こどものとうひょう おとなのせんきょ



「選挙」って何? 「民主主義」って、どういうこと?
フェイスブック、ツイッターで大反響! 稀代の名著が緊急復刊!!

2016年で90歳。絵本作家として絶大なる人気を誇る、かこさとし。
そのかこさとし先生が、今から30年あまり前に描いた「民主主義の絵本」です。 ハフィントンポスト(日本版)への掲載をきっかけに、フェイスブックやツイッターなどを通じて大きな反響を呼んでいる本書。

子どもたちが集う児童館前の広場が舞台です。いろいろな遊びをする子どもたちの間では、お互いを邪魔に思うトラブルが絶えません。そこで、子どもたちは、その広場で何をして遊ぶのかを投票で決めることにしました。
投票の結果、多数決で決まった遊び。でも、みんなが楽しく遊べる広場ではなくなってしまいました。
そこにやってきた年上のお兄ちゃんが、新たな良い提案をしてくれます。
お兄ちゃんは、どんな提案をしてくれたのでしょう?

日本社会も世界各国も、混迷を深める現代に、もう一度「民主主義」のあるべき姿を問いかける。優しい絵本の中に、大切なメッセージがいっぱい詰まった一冊です。
いつか選挙権を持つ子どもたちも、18歳で初の選挙に参加する人たちも、そして大人になってしまった人たちも…。

今こそ、この名著で「民主主義」について考えてみましょう。

この本は、最も大切な「民主主義の真髄」をとりもどしたいという願いでかいたものです。
「民主主義のヌケガラ」と後世から笑われないために、私たち自身が反省したいと思っています。
かこさとし